日暮里の美容皮膚科川口クリニック

医療脱毛・スキンケアなら日暮里の美容皮膚科川口クニック
トップページ施術一覧 > Qスイッチヤグレーザー(しみとりレーザー)

Qスイッチヤグレーザー(しみとりレーザー)

当院で使用する機器は、1064nmと532nmの2つの波長を搭載し、症状に応じて使い分けることにより、幅広い適応に対応します。1064nmはメラニン色素に穏やかに吸収され深い浸達深度が得られます。
532nmはメラニン色素への吸収が非常に高く、浅いターゲットに対して効率よく作用します。さらに1064nmを低出力で照射する「レーザートーニング」により従来レーザー治療が禁忌とされていた肝斑を改善することが可能となりました。
Qスイッチを採用し、吸収ターゲットであるメラニン顆粒が瞬間的に加熱後、粉砕され貧食細胞により除去されます。
また、ビーム全域にわたりエネルギー密度が均一なトップハットビームを実現し均一でムラの少ないビームプロファイルにより術後治癒が早く副作用を抑えた治療を可能にしました。

QスイッチYAGレーザーの特徴

QスイッチYAGレーザーは、Qスイッチという極短い時間に高いエネルギーで照射する機能によって、正常な皮膚細胞へのダメージを少なくし、異常な色素のみを破壊することができるのが特徴です。濃いシミだけでなく薄いシミにも反応し、ほとんどの場合は1回の照射だけで終了します。

治療の流れ

step.1 カウンセリング

問診票のご記入していただき、医師による診察とカウンセリング、施術のご説明を致します。
不安や疑問を解消し安心した上で、施術に臨んでいただけます。

step2.レーザー照射

レーザー照射前に、治療部位のお化粧や汚れを完全に落とします。必要に応じて剃毛を行います。
痛みを最大限に緩和するため麻酔を行った後、照射を開始します。

step3.テープを貼り軟膏を塗ってで保護します。

照射終了後、テープを貼って保護し軟膏を塗って湿潤療法を行います。

step4.帰宅

当日よりテープの上から洗顔やお化粧は可能です。
洗顔時に強く擦ったり摩擦をしないようご注意下さい。また紫外線を予防のため日焼け止めをご使用下さい。

術後経過

照射部位がカサブタとなり、5~10日程度でかさぶたは脱落します。脱落後は皮膚が徐々に再生されていきます。この時、皮膚はピンク色から茶色の状態となります。皮膚が上皮化し周囲の皮膚となじんできます。

 

 

QスイッチYAGレーザーについてのQ & A

  • 副作用はありますか?
    照射直後から数日間患部が赤くなり、ヒリヒリとした痛みがあります。 その後カサブタが形成されます。 カサブタがはがれた後、一時的に色素沈着が出現する場合があります。 アジア人には多い特徴で傷が治る過程で色素沈着は起こりますが、時間とともに徐々に薄くなります。
  • 痛みはありますか?
    注射による局所麻酔を行います。その際に痛みがあります。
  • 顔の施術をした場合、メイクはいつから可能ですか?
    照射後は、テープを貼って軟膏を塗りますが、その上からであれば当日からメイクは可能です。
  • 施術後に気をつけることはありますか?
    照射部位がカサブタ(茶色い薄皮)となり、5~10日程度ではがれます。 それまでは当院でお渡しするテープを患部に貼り、その上から軟膏を朝・晩2回塗って頂きます。テープは基本的に貼りかえる必要はありませんので、無理に剥がさないよう気をつけてください。 照射後1~2ヶ月の間に色素が濃くなる時期があり、その後薄くなっていきます。
    カサブタが剥がれてすぐの皮膚は大変デリケートです。皮膚の色がピンク色から茶色になるまでは、保護のためにテープを貼っておくことをお勧めします。また、色素沈着予防のため日焼け止めクリームを塗り、紫外線にあたらないようにしてください。
  • 施術時間はどれくらいですか?
    1個につき5~10分程度で終わります。

 

料金(税抜)

シミ 1個
20,000円