医療脱毛・スキンケアなら日暮里の美容皮膚科川口クニック

初めての方へ

はじめに

川口クリニックは15年かけて、絶縁針と数々の脱毛レーザーを組み合わせることにより、すべての毛質に対応した脱毛法を確立することができました。

これを「コンビネーション脱毛」と名づけています。

また、2002年よりIPLやRF(高周波)、各種レーザーを用いて皮膚のシミ・シワ・たるみの治療も行っています。 最近では、細胞レベルで皮膚を若返らせる再生医療も登場してきました。

効果に個人差のない医療脱毛と違い、効果に個人差がありますので、皆様の要望に細かく対応したカスタマイズの美容医療を心がけています。

いつまでも若々しくいたいという皆様の願いを気軽に相談できる美容のホームドクターとして、ぜひお気軽にご相談ください。

 

テスト脱毛とカウンセリングの意味

医療脱毛は、熱の作用で皮膚の奥にある毛を作る細胞を壊す(細胞の熱変性)治療です。そのために必要な最低限の温度は(62度から65度)以上といわれています。熱いということは痛いというのとほぼ同じですから医療脱毛は痛い治療法と言えます。しかし、痛みは感じ方に個人差があり、体調にも影響されます。我慢出来る範囲かどうかはご本人しかわからないものなので、テストを受けてみるのが一番納得出来ると思います。
またレーザーは毛の色や太さによって、反応が変わりますので、実際に脱毛したい部位の毛に応じて最適な強さ(照射出力)で照射することが重要です。最適条件で照射したときに「痛い」かどうかが意味のある答えになるでしょう。よくある「痛くないレーザー」は照射出力を弱くすることで簡単に可能ですが、効果のない(弱い)治療につながる恐れがありますので注意が必要だと思います。

 

step.1 ご来院前に

初回は必ず、1時間のご予約をお願いします。医師のカウンセリングとテスト脱毛を行います。
※ご予約の際に、ご希望の脱毛部位と脱毛の方法(絶縁針脱毛又はレーザー脱毛)のご希望、今までの処理方法や脱毛経験などをお伺いします。

来院前の注意事項

  • 自己処理の際に毛を抜かないようにしてください。
  • 絶縁針脱毛をご希望の方は来院時に毛を3〜5mm程伸ばして来てください。
  • ワキの場合はキャミソールを中に着ていただくなど、脱毛部位の出やすい服装でご来院ください。
  • 睡眠不足、生理前後は痛みを感じやすいですので、出来るだけ避けるようにして下さい。

step.2 カウンセリング&テスト脱毛

はじめにカルテをお作りします。問診表に記入していただきます。
個室で、脱毛したい部位の肌と毛の状態を見せていただき、医師のカウンセリング&テスト脱毛を受けていただきます。

テスト脱毛をする利点

  • 脱毛に伴う痛みの程度を体感できます。
  • テスト脱毛部位と、していない部位で脱毛の効果をチェックできます。
  • 脱毛後の肌状態の経過が判るので脱毛予定を立てる目安になります。
  • ETL脱毛での料金の目安が分かります。

テスト脱毛(ワキの場合)

  • 片ワキを1/3〜1/2程(毛の量により個人差はあります。)の範囲で照射します。
  • 脱毛後はアイスパックでよく冷却して、軟膏を塗布して終了です。

step.3 帰宅後

当日と翌日は入浴しないでください。熱いお湯に入ると、熱による治療ですので腫れや赤みの反応が強くなる心配があります。脱毛部位に石鹸は使わず、こすらないで、ぬるめのシャワーでさっと流す程度にしてください。シャワーの後、お渡しした軟膏を塗ってください。

来院後の注意事項

  • 脱毛後は皮膚が脱毛の熱の影響をうけて一時的に弱った状態になっていますので、脱毛直後から赤みが消えるまでの間、日光は避けて下さい。日焼け止め、UVカットのクリームなどをご使用ください。

  • その他、気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

※当院では、無理な勧誘や高額商品の販売等は一切行いませんので、ご安心してご来院ください。