医療脱毛・スキンケアなら日暮里の美容皮膚科川口クニック

肝斑治療

一般的に、30~40代のアジア人の女性に多く見られる色素性皮膚疾患の一種で、両頬(特に頬骨のあたり)に左右対称にモヤッと広がるのが特徴です。
肝斑は、他の色素班と混在している場合が多く見分けが難しいので、ただシミだと思い込んでいる患者様も少なくありません。それには女性ホルモンや紫外線、過度のマッサージ等物理的な刺激で悪化する場合もあります。肝斑の治療には、トラネキサム酸やビタミンCなどの内服や外用、ビタミンイオン導入などの継続が必要になってきます。

肝斑治療を可能にする「レーザートーニング」について

メドライトC6という医療用のレーザー機器を使用することにより、均一にエネルギーを届けることが出来ます。弱いパワーでレーザーを当てることにより、肌に負担を与えることなくメラノサイト(メラニンを生成するところ)に働きかけることが出来ます。そのため、ダウンタイムもほとんどなく、治療直後からメイクも可能です。お仕事で忙しい方も治療時間が短いため受けやすいのが特徴の1つです。

レーザートーニングがもたらす効果

  • 肝斑治療に最適

    レーザートーニングは従来のレーザー治療では困難だった肝斑にも、非常に弱いパワーでお肌にレーザーを当てる為、メラノサイトを活性化させず徐々に薄くしていくことが可能です。

  • 美肌効果

    レーザートーニングは、皮膚の奥深く(真皮上層)にまでレーザー光が届く為、コラーゲンの生成を促します。
    回数を重ねることにより、くすみや毛穴の開き、色素沈着が改善され、
    お肌のハリやキメ、しわも改善され潤いが戻ります。

  • 色素沈着の改善

    お顔のみに限らず、ボディーへのレーザートーニングにも可能です。
    ワキの黒ずみや下着の摩擦による色素沈着にも改善が期待できます。

治療の流れ

step.1 洗顔をします。

step2.弱いパワーでレーザーを顔全体に照射していきます。

step3.照射後は、しっかりと保湿します。また、日焼けをしないよう注意します。

肝斑治療のビフォーアフター

肝斑治療(レーザートーニング)のQ&A

  • 治療中に痛みはありますか?

    パチパチと軽度の痛みがあります。
    痛みの感じ方は個人差がございますが、施術中に、冷却を行うことで、痛みは緩和されます。

  • どのくらいの頻度で治療する必要がありますか?

    治療間隔は、1~2週間に1回、治療回数は5回を1クールとしています。
    症状によってはそれ以上の治療を要します。

  • 日常生活で気を付けることはありますか?

    治療直後からメイクが可能で、入浴もできます。施術後は一時的に乾燥することがございます。しっかり保湿をして下さい。
    日中は、日焼け止めを塗り、日焼けをしないようご注意下さい。
    洗顔は摩擦のないよう優しい泡洗顔を心がけましょう。
    メイクやスキンケア時に強く摩る、たたくなどのマッサージ等刺激をする事を控えましょう。

料金(消費税8%込)

肝斑トーニング(両頬全部)

1回
37,800円
5回
108,000円(1~2週毎 期限3カ月)

肝斑トーニング(両頬上部)

1回
21,600円