日暮里の美容皮膚科川口クリニック

医療脱毛・スキンケアなら日暮里の美容皮膚科川口クニック
トップページ施術一覧 > ワキガ治療(汗腺凝固法)

ワキガ治療(汗腺凝固法)

汗腺には「アポクリン汗腺」と「エクリン汗腺」の2つあります。 「アポクリン汗腺」から出る汗はベトベトと粘り気があり、たんぱく質・脂質・鉄分・色素などからできており、やや黄色味やニオイもあり、汗じみ・黄バミ、そしてわきが(腋臭症)の原因となります。これらの汗や皮脂などが混ざり合い、そこへ雑菌が繁殖して脂肪成分を分解するためワキガ特有の臭いが発生します。そこでこの汗腺を特殊な絶縁電気凝固針(汗腺凝固専用絶縁針)で凝固させて細胞を破壊する方法です。
ワキガ手術のようにアポクリン腺を除去してニオイをほぼすべてなくす治療ではないですが、手術で切開したくない方にはおすすめです。

特長

  • 切開手術ではないので傷跡が全くなく、ワキガの臭いも60~70%位減少します。
  • 3ヶ月以上あけて1~3回行います。

ページトップ

治療の流れ

  • 1
    血液検査
    院内感染防止・リスクを排除するために血液検査を行っております。
  • 2
    患部の消毒
    衛生的に行うため消毒を行います。
  • 3
    麻酔注射
    痛みが出ないよう細心の注意を払います。
  • 4
    院長による汗腺凝固法の実施
  • 5
    冷却・軟膏の塗布
    赤みや毛包炎を予防するため、軟膏を塗布し冷却します。

副作用・リスク

麻酔を注射で射つため内出血を一時的に起こすことがありますが、1週間程で消失します。

絶縁針で熱を発生させるため毛包に一致した軽い炎症が起こり、1~3週間程赤みや腫れが残ることがあります。

また、熱凝固で皮下の周囲組織も収縮するため、1-3週間程突っ張った違和感を感じることがあります。

いずれも一時的なものであり日常生活に支障をきたすことはございません。

料金(税込)

  • 両ワキ
初回
110,000円(針代含む)
血液検査代 4,400円
2回目以降
77,000円/回

ページトップ