日暮里・上野 医療脱毛とヘルスケアの専門医院 川口クリニック

facebook Twitter Line

お電話でのお問合せ 03-5811-7555 月〜金 11:00〜20:00 土・日・祝 10:00〜17:00 定休日 水曜日・隔週日曜日

タトゥー・刺青の除去 メドライトC6

カウンセリング予約

メドライトC6は、1064nmと532nmの2つの波長を搭載し、症状に応じて使い分けることにより、幅広い適応に対応します。1064nmはメラニン色素に穏やかに吸収され深い浸達深度が得られます。
532nmはメラニン色素への吸収が非常に高く、浅いターゲットに対して効率よく作用します。さらに1064nmを低出力で照射する「レーザートーニング」により従来レーザー治療が禁忌とされていた肝斑を改善することが可能となりました。
Qスイッチを採用し、吸収ターゲットであるメラニン顆粒が瞬間的に加熱後、粉砕され貧食細胞により除去されます。
また、ビーム全域にわたりエネルギー密度が均一なトップハットビームを実現し均一でムラの少ないビームプロファイルにより術後治癒が早く副作用を抑えた治療を可能にしました。

YAGレーザーの特徴

Y(イットリウム)A(アルミニウム)G(ガーネット)を含む結晶にネオジミウムを添加して作られたレーザー媒質です。特定の色素にのみ反応し、吸収される性質を持つレーザーでシミやあざの部分にレーザーを照射することで、光エネルギーが熱エネルギーに変換され、ターゲットとなる色素にのみピンポイントで破壊し、シミやあざを除去します。瞬間的に深部へ照射するため、周囲の組織を傷つけることなく、皮膚へのダメージが最小限に抑えられます。高い臨床効果と信頼性を兼ね備えたレーザーシステムとして世界の臨床現場で愛用されています。

タトゥー・刺青の除去 メドライトC6はこんな方にオススメ

  • 表在性色素疾患(老人性色素班、そばかす、扁平母斑、ベッカー母斑、カフェオレ班)
  • 深在性色素疾患(アートメイク、タトゥー、刺青、太田母斑、持続性蒙古斑)
  • 肝斑治療

治療の流れ

step.1 カウンセリング

問診票のご記入していただき、医師による診察とカウンセリング、施術のご説明を致します。
不安や疑問を解消し安心した上で、施術に臨んでいただけます。

step2.レーザー照射

レーザー照射前に、治療部位のお化粧や汚れを完全に落とします。必要に応じて剃毛を行います。
痛みを最大限に緩和するため麻酔や冷却を行った後、使用波長に合った保護メガネを装着し、照射を開始します。

step3.軟膏を塗ってガーゼやフィルム材で保護します。

照射終了後、軟膏を塗布し、ガーゼ創傷被覆材で密閉療法を行います。

step4.帰宅

当日よりテープの上から洗顔やお化粧は可能です。
洗顔時に強く擦ったり摩擦をしないようご注意下さい。また紫外線を予防のため日焼け止めをご使用下さい。

術後経過

照射部位がかさぶたとなり、5~10日程度でかさぶたは脱落します。脱落後は皮膚が徐々に再生されていきます。この時、皮膚はピンク色から茶色の状態となります。皮膚が上皮化し周囲の皮膚となじんできます。

タトゥー・刺青

レーザーを照射した直後の皮膚はホワイトニング現象といって白っぽくなり、照射した部分から微量の点状出血をみることがあります。
治療を重ねる毎に色が薄くなっていきます。
完全にタトゥー・刺青が消えるまでには2か月毎に5~10回位の治療が必要です。

タトゥー・刺青の除去 メドライトC6のビフォーアフター

料金(消費税8%込)

タトゥー
10,800円〜 /1cm×1cm
外傷性刺青
10,800円〜
シミ
21,600円〜
遅発性太田母班
21,600円〜